お薦め

学資保険と貯蓄の違い

学資保険とは生命保険の一種ですが、内容は普通の生命保険とは違って
将来的に高校入学や大学入学などで子供に必要となってくる教育資金を
貯蓄していくことをメインとした保険となっています。
「それなら、自分で貯蓄をして言っても変わらないんじゃ・・・」と考える方も、少なくないでしょう。
しかし、学資保険と個人的に行う貯蓄とでは全く異なる点が存在するのです。

まず、個人的な貯蓄で将来的な子供の教育資金を貯めていくと考えてみましょう。
この場合、月々計画した額を口座に貯蓄していくことになりますので、
少しずつ積み立てていく・・・という部分は変わりません。
しかし、もしも積立を行っている本人に万が一のことがあった場合、一体どうなるでしょうか?
積立はそこでストップしてしまい、それ以上増えることはなくなってしまいます。
よって、子供が受け取ることができる資金はそこまでの額となってしまうのです。

また、個人的に貯蓄を行う場合、どうしても家計のことが絡んでくることがあります。
例えば、その月のやりくりが苦しくなってしまった場合、
不足している分を貯蓄してきたところから切り崩してしまうということが簡単にできるのです。
そのため、せっかく計画立てて積立をしていたけれど結果的には
そこまでの資金を貯蓄することができなかった・・・ということになりかねません。

反面、学資保険は個人的な貯蓄にはない様々なメリットが存在します。
たとえば、個人的な口座でお金を管理しているわけではないので、
自分や家庭の都合などで切り崩すことがないのです。
また、生命保険の一種であるので、契約者に万が一のことがあった場合にも
以後の保険料免除を受けることができるようになっています。
さらに、祝い金や満期時の学資金を受け取ることが保証されているので
もしものことがあった場合でも安心して将来を考えていくことができるというわけです。

このように、学資保険と個人的な貯蓄とでは全く内容が異なっていることとなります。
万が一のことを考えると、学資保険が非常に心強いものであるということがわかりますね。

学資保険の保障内容の種類とポイントはこちらをご覧ください。