お薦め

保障型の学資保険

一般的に、学資保険は貯蓄型のものが基本とされていますよね。
でも、実は保障型の学資保険というものが存在するのをご存知でしょうか?
ここでは、保障型学資保険がどのようなものであるか、詳しくお話していきたいと思います。

貯蓄型の学資保険の場合、特約プランなどを利用しなければ、
万が一契約者が死亡してしまった場合に保険料の支払いをする
必要がなくなるということはありませんね。
しかし、保障型の学資保険であれば万が一のことがあっても安心です。
その場合、被保険者(子供)に対して、定められた額の年金が毎年必ず支払われる上に、
学資金も支払ってもらえるのです。

このように、保障型の学資保険は、簡単に説明するのであれば
「医療・死亡保障がしっかりしているものである」と言えますね。
しかも、心強いことに医療保障の対象となるのは契約者だけではありません。
被保険者(子供)に万が一のことがあった場合でも医療保障を
受けることができるので非常に助かります。

様々な保障が充実している保障型のプランですが、
保険料の方は貯蓄型と比べてどうなっているのでしょうか。
やはり、保障がしっかりされているため、
貯蓄型よりも支払うべき保険料は高くなっているようです。

ちなみに、満期まで契約者の方が健在だった時についても注意しておきましょう。
なぜなら、その場合の受取金額は、自分が支払ってきた保険料の総額より
下回ってしまうことになるからです。
理由は、保障型の学資保険には生命保険に関する額も
含まれていることになっているからですので、
決して損をしているわけではないですがその点よく確認しておくように気をつけましょう。
また、 こちらのおすすめサイトの お子様の教育資金のために学資保険についての解説もぜひご覧ください。

保障型の学資保険は貯蓄型と比べて保険料が高いので、
満期まで問題がなかったりした時のことを考えるとなかなか
納得できるものではないかもしれません。
しかし、人生の中では何があるのかわからないものです。
そんな中で、万が一のことがあった時に手厚い保障を受けることが
できるというのは非常に心強いと言えるでしょう。