お薦め

標準で育英年金や子供の医療保障が付いている学資保険

学資保険は生命保険の一種と言われていますが、
基本的な「貯蓄型」と呼ばれるものでは特約を付けてあげない限りは
育英年金や医療保障を充実させてあげることができません。
子どもの突然の入院や手術、契約者の病気など、
そういった非常事態が起こるかもしれないということを考えると、
どうしても育英年金や子供の医療保障などが
最初からついている学資保険を選びたいと思うことでしょう。
また、 こちらのサイトの 学資保険と子供保険の違いについての解説も参考になるかと思います。

もしも、それらが元から付いたタイプの学資保険を選びたいということであれば、
「貯蓄型」ではなく「保障型」の学資保険となります。
そのため、「保障型」タイプの学資保険を選んで加入するように注意してみると良いでしょう。

しかしながら、そのような「保障型」タイプの学資保険は
前述したとおりで医療保険や育英年金がしっかりとされているものとなっています。
そのため、通常「貯蓄型」で支払う保険料よりも月々に支払うべき額が高くなっているのです。
ただ、これは医療保障や生命保険などの料金も含まれているためであり、
決して無駄に高くなっているというわけではありませんので、心配する必要はありません。

ちなみに、「保障型」の学資保険として有名なのは元日本郵政公社の「かんぽ生命」でしょうか。
ここの学資保険は、貯蓄することよりも育英年金や医療保障などが重視されているものですので、
そちらの方を手厚くしておきたいということであれば、おすすめできます。
子どもの将来を考えると貯蓄をしていくことはもちろん大切なことですが、
万が一のことがあるかもしれない・・・ということを考えることも非常に大切なこととなってきます。
いざという時にも柔軟に対応していくことができるように備えておくことを重視するのであれば、
「保障型」の学資保険への加入をすることをオススメしますよ。

このように、「保障型」学資保険はもともと育英年金や医療保障が充実しているものです。
「貯蓄型」と違って特約を付加しなければならないということもないので、
気軽に加入して安心できるのが魅力ですね。