お薦め

子供の教育費はいくらかかるのか?

大切なお子さんの成長をしっかりとサポートしていくためには、
学校に通わせてあげることは欠かせません。
これは一種、親の責任でもありますが、子どもの教育費用は思った以上にかかるものです。
途中で資金不足に悩まされてしまうことがないように、
教育費の確認は事前にしっかり行っておきましょう。

あなたは子どもの教育費用について、軽く考えてしまいがちになっていませんか?
実は、学費などの教育費について、しっかりと計画していなかったために、
直前になって用意出来ずに悩んでしまうという方も意外に多いものです。
そうなってしまっては、せっかくお子さんが受験に合格したのに入学ができない・・・
なんて事態になりかねません。
そのため、教育費用がどのくらいかかるのか、ということを明確にしておくことが大切となります。

それでは、子どもの教育費用としてどこからどこまでを考える必要があるのかを、
ここで一緒に考えてみましょう。
まず、保育園や幼稚園です。ここで保育園にいれるかいれないか、
幼稚園は公立か私立かなどでもかかる費用は全く変わってきますね。
同じように義務教育となる小学校から中学校も私立にするか公立にするかで
変わってくるため(特に小学校の私立高校は公立の4倍かかります)、注意しましょう。

この後は高校や大学、専門学校、大学院・・・など、
どこまで通わせるかによって教育費用の総額は全く異なります。
特に高校からは入試にかかる費用も考慮していかなければならないですし、
大学生活になって一人暮らしをする場合にはその費用も考えていかなければなりません。
その場合住む地域によっても家賃は変わってきますし、
特に女性の一人暮らしで防犯システムが完備されたアパートに住まわせたいということであれば、
さらに費用がかかることになるでしょう。

このように、子育てをしていく上で教育には想像以上にお金がかかってくることになります。
大切なお子さんがしっかりと将来のために学んでいくことができるように、
まずは教育費用の計画を立ててみてはいかがでしょうか。
万が一ご家族の誰かに不幸が訪れてしまった場合のためにも、遺言状を書かれてはいかがでしょうか。遺言状のおかげで相続がスムーズにできたという話も少なくありません。
また、 こちらの 学資保険を利用するメリットについての解説もわかりやすいので、ぜひご覧ください。